Social Device 生活と社会を支える
 

「実用に結びつくロボット研究を」,3人の研究者がデモ

Tech-On!
2013/09/03 18:34
印刷用ページ
米国の電気電子技術学会であるIEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers)は2013年9月2日,農業や林業で役立つロボットに関する記者説明会を東京都で開催した。東北大学大学院工学研究科バイオロボティクス専攻教授の小菅一弘氏,早稲田大学創造理工学部総合機械工学科教授の菅野重樹氏,早稲田大学理工学術院准教授の白井裕子氏がそれぞれ日本または米国で開発中のロボットを紹介した。狙いは人の役に立つ実用的なロボット研究の必要性を訴えることだ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング