• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TI、データ伝送速度が12Gビット/秒のUHD-SDIに対応したリクロッカICを発売

TI、データ伝送速度が12Gビット/秒のUHD-SDIに対応したリクロッカICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/09/02 21:26
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、最大データ伝送速度が12Gビット/秒の「UHD-SDI(ultra high definition-serial digital interface)」仕様に対応したリクロッカIC「LMH1256」を発売した。レシーバとリタイマ、ドライバから構成されるデータ・パス・ブロックを4チャネル集積した。これまで競合他社品の最大データ伝送速度は6Gビット/秒だったため、今回はこれを2倍に高めたことになる。同社によると「12Gビット/秒品の製品化は業界初」という。画素数が約4000×2000で、フレーム周波数が60Hzのいわゆる4K映像の信号を、1本の同軸ケーブルで伝送する用途に向ける。デジタル・ビデオ・ルータ装置やスイッチ装置、エンコーダ/デコーダ装置、マルチビュー・モニタ装置などに向ける。
【技術者塾】(8/31開催)
車載電子機器の中身はこうなっている/b>
~自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置~


本講座では、自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置を構成する電子部品について、実際に講師が分解した機器を見ながら解説いたします。分解の結果として、どこのどのような部品が使用され、今後はどのような機能や部品が使用されるかについての講師の考察についても述べます。市場の評価が高い、スバルのアイサイトについても解説いたします。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月31日
会場 : エッサム神田ホール
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓