• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TI、データ伝送速度が12Gビット/秒のUHD-SDIに対応したリクロッカICを発売

TI、データ伝送速度が12Gビット/秒のUHD-SDIに対応したリクロッカICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/09/02 21:26
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、最大データ伝送速度が12Gビット/秒の「UHD-SDI(ultra high definition-serial digital interface)」仕様に対応したリクロッカIC「LMH1256」を発売した。レシーバとリタイマ、ドライバから構成されるデータ・パス・ブロックを4チャネル集積した。これまで競合他社品の最大データ伝送速度は6Gビット/秒だったため、今回はこれを2倍に高めたことになる。同社によると「12Gビット/秒品の製品化は業界初」という。画素数が約4000×2000で、フレーム周波数が60Hzのいわゆる4K映像の信号を、1本の同軸ケーブルで伝送する用途に向ける。デジタル・ビデオ・ルータ装置やスイッチ装置、エンコーダ/デコーダ装置、マルチビュー・モニタ装置などに向ける。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓