• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 東芝、スイッチング電源に向けた800V耐圧のバイポーラ・トランジスタを発売

東芝、スイッチング電源に向けた800V耐圧のバイポーラ・トランジスタを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/08/30 20:28
  • 1/1ページ
 東芝は、スイッチング電源に向けた800V耐圧のバイポーラ・トランジスタ「TTC014」を開発し、2013年8月30日に量産出荷を開始したと発表した。極性はnpn。特徴は、800Vと耐圧が高いにも関わらず、直流電流増幅率(hFE)が最小値で100、最大値で200と高いことである。一般に、耐圧と直流電流増幅率はトレードオフの関係にあるが、「今回は最新の微細化パターニング技術を導入することで、800V耐圧ながらも最大で200と高い直流電流増幅率を達成した」(同社)という。直流電流増幅率が高ければ、スイッチング電源の待機時消費電力を削減することが可能になる。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓