家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

「スマートフォンから4K映像を出力」、モバイル・インタフェース「MHL」に次世代仕様が登場へ

根津 禎=日経エレクトロニクス
2013/08/21 00:14
印刷用ページ

 既に200社以上から3億3000万台を超える対応機器が登場している携帯機器向けデジタル・インタフェース規格「MHL(mobile high-definition link)」。その次世代仕様「MHL 3.0」を、普及促進を進める業界団体の「MHL Consortium」が明らかにした。2012年4月に策定された現行仕様「MHL 2.0」から約1年半ぶりの大幅な仕様更新である(Tech-On!関連記事)。MHL 3.0の最大の特徴は、4K映像の伝送に対応したこと。約4000×2000画素、30フレーム/秒の映像信号を非圧縮で伝送できる。これにより、スマートフォンやタブレット端末から、4K映像を外部ディスプレイに出力できるようになる。

 この他、MHL 3.0には以下のような五つの特徴がある。第1に、4K映像の伝送と同時に、ストレージ機器と高速にデータをやりとりできるチャネルを設けたこと。第2に、タッチ・パネルやキーボード、マウスなどの周辺機器を利用できるように「RCP」と呼ぶプロトコルを改善したことだ。第3は、供給電力を10Wにまで大きくしたことで、第4はMHL 1.0やMHL 2.0といった従来仕様との下位互換性を確保したことである。第5に、著作権保護技術として「HDCP 2.2」に対応した。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング