• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Silicon Labsが第5世代のテレビ向けシリコン・チューナICを発売、NFや反射損失などを改善

Silicon Labsが第5世代のテレビ向けシリコン・チューナICを発売、NFや反射損失などを改善

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/08/13 18:14
  • 1/1ページ
 米Silicon Laboratories社は、第5世代のテレビ向け1チップ・チューナ(シリコン・チューナ)IC「Si21x7」を発売した。同社従来品と同等の受信感度やチャネル選択性能を確保しながら、雑音指数(NF)や反射損失などを改善した。対応するテレビ信号の違いで5製品を用意した。「Si2127」と「Si2137」は、NTSCとPAL/SECAMに対応したアナログ・テレビ。「Si2147」は、ATSC/QAMやDVB-T2/T/C2/C、ISDB-T/C、DTMBに対応したデジタル・テレビ。「Si2157」と「Si2177」は、アナログ・テレビとデジタル・テレビの両方に対応した。アナログ・テレビやデジタル・テレビ、アナログ/デジタル対応のハイブリッド・テレビ、携帯型テレビ、DVD/Blu-rayレコーダ、地上波/ケーブル・テレビ対応のセットトップ・ボックスなどに向ける。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓