• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Silicon Labsが第5世代のテレビ向けシリコン・チューナICを発売、NFや反射損失などを改善

Silicon Labsが第5世代のテレビ向けシリコン・チューナICを発売、NFや反射損失などを改善

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/08/13 18:14
  • 1/1ページ
 米Silicon Laboratories社は、第5世代のテレビ向け1チップ・チューナ(シリコン・チューナ)IC「Si21x7」を発売した。同社従来品と同等の受信感度やチャネル選択性能を確保しながら、雑音指数(NF)や反射損失などを改善した。対応するテレビ信号の違いで5製品を用意した。「Si2127」と「Si2137」は、NTSCとPAL/SECAMに対応したアナログ・テレビ。「Si2147」は、ATSC/QAMやDVB-T2/T/C2/C、ISDB-T/C、DTMBに対応したデジタル・テレビ。「Si2157」と「Si2177」は、アナログ・テレビとデジタル・テレビの両方に対応した。アナログ・テレビやデジタル・テレビ、アナログ/デジタル対応のハイブリッド・テレビ、携帯型テレビ、DVD/Blu-rayレコーダ、地上波/ケーブル・テレビ対応のセットトップ・ボックスなどに向ける。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓