設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

NIが入門機にもARMコア内蔵のFPGAを搭載、Xilinxとの関係を聞いた

小島 郁太郎=Tech-On!編集
2013/08/09 07:33
印刷用ページ
図1●「NI myRIO」 Tech-On!が撮影。
図1●「NI myRIO」 Tech-On!が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2●myRIOの主な仕様 NIのスライド。
図2●myRIOの主な仕様 NIのスライド。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3●Eric Starkloff氏 Tech-On!が撮影。
図3●Eric Starkloff氏 Tech-On!が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 将来のヘビー・ユーザーになることを期待して、学生向けに入門機を安価に提供することはよくある。モジュール式計測制御装置メーカーの米National Instruments社は、最新の入門機を「NI Week 2013」(テキサス州Austinで8月5日~8日に開催)の基調講演IIIで紹介した。

 「NI myRIO」がそれである(図1)。ちょっと小さめのタブレット、あるいはちょっと大きめのスマートフォンといった外寸だ。リアルタイム処理に向けたモジュール式計測制御装置RIOシリーズの入門機になる。NIの小型の入門機としては、2010年に発売された「myDAQ」(学生向け価格は2万2000円、税抜)に次ぐ。今回、紹介されたmyRIOは、myDAQにはないFPGAを内蔵しており、上位機になる。正式発表は2013年8月末の予定で、今回は価格は明らかにされなかった。

 「我々がFPGA設計向けに「LabVIEW FPGA」の提供を始めて15年間が経過しており、FPGAを計測制御システムに使うことは一般化している。入門機にFPGAを搭載することは自然の流れと言える」(Eric Starkloff氏、Senior Vice President, Marketing)。目を見張るのは、myRIOに搭載されているのが、一般のFPGAではなく、ARMコア(Cortex-A9を2コア)を内蔵した米Xilinx社の「Zynq-7000」であることだ(図2)。

 NIは今回のNI Week 2013でZynq-7000を搭載するモジュール式計測制御装置「Compact RIO」のコントローラ「NI cRIO-9068」を発表したばかりである(Tech-On!関連記事1)。そのZynq-7000が、入門機にも乗る。「Xilinx社と何か特別な関係があるのか」、Starkloff氏に聞いてみた(図3)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング