• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > NIが入門機にもARMコア内蔵のFPGAを搭載、Xilinxとの関係を聞いた

NIが入門機にもARMコア内蔵のFPGAを搭載、Xilinxとの関係を聞いた

  • 小島 郁太郎=Tech-On!編集
  • 2013/08/09 07:33
  • 1/2ページ
図1●「NI myRIO」 Tech-On!が撮影。
図1●「NI myRIO」 Tech-On!が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2●myRIOの主な仕様 NIのスライド。
図2●myRIOの主な仕様 NIのスライド。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3●Eric Starkloff氏 Tech-On!が撮影。
図3●Eric Starkloff氏 Tech-On!が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 将来のヘビー・ユーザーになることを期待して、学生向けに入門機を安価に提供することはよくある。モジュール式計測制御装置メーカーの米National Instruments社は、最新の入門機を「NI Week 2013」(テキサス州Austinで8月5日~8日に開催)の基調講演IIIで紹介した。

 「NI myRIO」がそれである(図1)。ちょっと小さめのタブレット、あるいはちょっと大きめのスマートフォンといった外寸だ。リアルタイム処理に向けたモジュール式計測制御装置RIOシリーズの入門機になる。NIの小型の入門機としては、2010年に発売された「myDAQ」(学生向け価格は2万2000円、税抜)に次ぐ。今回、紹介されたmyRIOは、myDAQにはないFPGAを内蔵しており、上位機になる。正式発表は2013年8月末の予定で、今回は価格は明らかにされなかった。

 「我々がFPGA設計向けに「LabVIEW FPGA」の提供を始めて15年間が経過しており、FPGAを計測制御システムに使うことは一般化している。入門機にFPGAを搭載することは自然の流れと言える」(Eric Starkloff氏、Senior Vice President, Marketing)。目を見張るのは、myRIOに搭載されているのが、一般のFPGAではなく、ARMコア(Cortex-A9を2コア)を内蔵した米Xilinx社の「Zynq-7000」であることだ(図2)。

 NIは今回のNI Week 2013でZynq-7000を搭載するモジュール式計測制御装置「Compact RIO」のコントローラ「NI cRIO-9068」を発表したばかりである(Tech-On!関連記事1)。そのZynq-7000が、入門機にも乗る。「Xilinx社と何か特別な関係があるのか」、Starkloff氏に聞いてみた(図3)。

【技術者塾】(5/23開催)
冷間鍛造・精密せん断・板鍛造の基礎と応用

~設計課題を解決する新しい金属加工法~


常温で金属に圧力をかけて、金型に沿った形状に加工する冷間鍛造・精密せん断・板鍛造は、材料の歩留まりが高く、高精度で高付加価値の形状を加工できます。これらの工法の基礎知識や応用例を得ることで、より低コストで高性能な部品の作製や調達が可能になります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月23日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ