• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 東芝が3次元NANDを2014年上期に量産、「Samsungには圧倒的に勝てる」と田中社長

東芝が3次元NANDを2014年上期に量産、「Samsungには圧倒的に勝てる」と田中社長

  • 大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
  • 2013/08/07 18:09
  • 1/2ページ
経営方針説明会に登壇した田中氏
経営方針説明会に登壇した田中氏
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝 代表執行役社長の田中久雄氏は、2013年8月7日に東京都内で開催した「2013年度 経営方針説明会」において、同社が開発中の3次元NANDフラッシュ・メモリ「BiCS(Bit-Cost Scalable)」の量産計画に言及した。説明会後に記者団の囲み取材に応じ、BiCSの量産開始時期は「明確には決めていないが、今年度(2013年度)の終わりか来年度(2014年度)の初めを考えている」と述べた。

 BiCSの量産品では「競合他社の追随を許さない、断トツに小さいチップ・サイズ(チップ面積)を実現する」(田中氏)という。そのため、前日(2013年8月6日)に3次元NANDの量産開始を発表した韓国Samsung Electronics社に対して「(量産開始で)半年以上遅れているという(表面的な)捉え方をしないでほしい」と東芝の競争優位性を強調した(関連記事1)。

 説明会の質疑応答の場面でも、田中氏はNANDフラッシュ・メモリの今後の技術開発競争における東芝のポジションについて「自信を持っている」と明言。「微細化で常に先行してきただけでなく、(その他の)技術的背景を含めて自信がある」と語った。

 東芝は今後、「BiCSに先んじて1Ynm世代や1Znm世代への微細化を進める」(田中氏)計画。現在量産している19nm第2世代の「次の世代への微細化にもメドが付きつつあり、この時点で(Samsung社が発表した3次元NANDに対して)チップ・サイズで追いつくか、先行できる」(同氏)。すなわち、Samsung社の3次元NANDには「我々の1Ynm~1Znm世代品で十分に戦える」との目算だ。

 NANDフラッシュ・メモリの微細化継続に並々ならぬ自信を持つ東芝だが、「1Znm世代よりも先では、そろそろ物理的限界を迎える」(田中氏)ことを認める。そのため、2015年ごろには3次元NANDへ本格的にシフトすることを想定しているという。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓