• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 富士通ゼネラル、多品種少量生産に対応する電子デバイス新工場を本格稼働

富士通ゼネラル、多品種少量生産に対応する電子デバイス新工場を本格稼働

  • 池松 由香=日経ものづくり
  • 2013/08/07 15:33
  • 1/1ページ
 富士通ゼネラルの電子デバイス/情報通信システム機器の生産拠点である富士通ゼネラルエレクトロニクス(FGEL、岩手県一関市)は、多品種少量生産に対応できる新工場を本格稼働させた(図)。総投資額は約21億円。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ