• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 超高感度4Kカメラが宇宙へ、若田光一飛行士が巨大彗星“アイソン”の撮影に挑戦

超高感度4Kカメラが宇宙へ、若田光一飛行士が巨大彗星“アイソン”の撮影に挑戦

  • 大石 基之=日経ものづくり
  • 2013/08/01 15:41
  • 1/1ページ
 NHKと宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、共同で準備を進めてきた宇宙用の超高感度4Kカメラシステムを宇宙に打ち上げると発表した。具体的には、2013年8月4日の午前4時48分に、種子島宇宙センターからH-IIBロケットで打ち上げられる予定の補給機“こうのとり”4号機(HTV4)に搭載されて、国際宇宙ステーションに届けられる。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ