技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

富士通のQ1決算、スマホの低迷などで営業損失228億円

赤坂 麻実=Tech-On!
2013/07/31 15:43
印刷用ページ
売上高と営業利益の四半期ごとの推移
売上高と営業利益の四半期ごとの推移
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 富士通の2013年度第1四半期(4月~6月)決算は赤字となった(決算短信:PDF)。売上高は前年同期比4.4%増の9992億3300万円、営業損失は228億3600万円、純損失は219億8300万円だった。2013年度通期の業績予想に修正はなく、売上高が前年度比3.8%増の4兆5500億円、営業利益が同46.9%増の1400億円としている。

 第1四半期の業績を事業別にみると、主力の「テクノロジーソリューション」事業は売上高が前年同期比8%増の6775億円、営業損益は前年同期から34億円改善して25億円となった。国内の売り上げはほぼ前年同期並みだったが、海外は為替影響もあり、21.1%の増収となった。為替影響を除くと3%の増収。北米向け光伝送システムが、キャリアの投資回復により売り上げを伸ばした。

 パソコンや携帯電話機などを扱う「ユビキタスソリューション」事業は、業績が低迷している。売上高は前年同期比8%減の2159億円、営業損失は前年同期から151億円悪化して171億円となった。国内ではパソコンや携帯電話機の販売が落ち込んだことにより、16.9%の減収になった。フィーチャーフォンの市場が縮小していることに加えて、スマートフォンでは「GALAXY S4」と「Xperia A」を「ツートップ」として売り出すNTTドコモの販売方針にマイナスの影響を受け、携帯電話機の販売台数は前年同期比30%減となった。

 決算説明会で同社は携帯電話機事業の今後について「逃げるつもりはない。今後、企業向け端末としての重要性が増すはずで、ビジネスの裾野は大きく広がっている。月産30万台レベルを確保できれば利益は出せる」(取締役執行役員専務CFOの加藤和彦氏)と説明した。

半導体・電子部品で黒字

 事業再編や人員削減を進めている「デバイスソリューション」事業は、売上高が前年同期比11.5%増の1453億円となり、営業損益も前年同期比から112億円改善して76億円の黒字を計上した。国内では6.4%の減収だったが、海外で33.6%の増収(為替影響を除けば10%の増収)となった。アジアを中心にスマートフォン向けのSoCが好調という。

 損益に関しては、前年度の工場譲渡に伴う固定費削減などが改善に寄与した。300mmウエハーでの製造ラインはスマートフォン向けの需要増により稼働率は高水準で推移したが、200mm/150mmラインは引き続き低水準だった。今後、これら基盤系の製造ラインは会津若松地区への集約を進めていく方針だ(Tech-On!関連記事)。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング