アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

Linear Technology、入力周波数範囲が30M~6GHzと広いミキサICを発売

山下 勝己=テクニカル・ライター
2013/07/29 23:40
印刷用ページ
 米Linear Technology社は、入力周波数範囲が30M~6GHzと広いミキサIC「LTC5510」を発売した。30M~6GHzの全範囲において、入力インピーダンスを50Ωでマッチング(整合)させた点が特徴だ。このため、入力インピーダンスのマッチングを確保する設計工数や外付け部品コストを削減できるという。最大出力周波数は4.5GHzである。従って、アップ・コンバージョンとダウン・コンバージョンの両方に適用可能だ。無線通信基地局や、マイクロ波利用のバックホール通信装置、VHF/UHF帯利用の無線通信装置、ケーブル・テレビ機器、公共防災無線機器、レーダー受信器、衛星無線機器などに向ける。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング