• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > SiCやGaNの実装技術を開発するコンソーシアムに18の組織が参加

SiCやGaNの実装技術を開発するコンソーシアムに18の組織が参加

  • 木村 雅秀=日経BP半導体リサーチ
  • 2013/07/24 19:59
  • 1/2ページ
コンソーシアムの発起人兼代表者である大阪大学 教授の菅沼克昭氏。
コンソーシアムの発起人兼代表者である大阪大学 教授の菅沼克昭氏。
[画像のクリックで拡大表示]
企業や大学など18の組織が参加
企業や大学など18の組織が参加
[画像のクリックで拡大表示]

 SiCやGaNといった次世代パワー半導体の実装技術を開発する「新世代パワー半導体実装技術開発コンソーシアム」に、大阪大学や三菱電機、ロームなど、合計18の組織が参加することが決まった。同コンソーシアムの発起人兼代表者である大阪大学 教授の菅沼克昭氏が2013年7月23日に記者会見で発表した。

 同コンソーシアムは2013年5月末に発足。2013年7月23日時点の参加メンバーは、上村工業、エスペック、三社電機製作所、ドイツSiemens社、シャープ、新日鉄住金化学、住友電気工業、千住金属工業、昭和電工、デンソー、日亜化学工業、日本触媒、一般財団法人の日本電子部品信頼性センター、パナソニック、古河電気工業、三菱電機、ローム、大阪大学。

 SiCやGaNの実装(パッケージング)では、300℃の熱衝撃に耐えられる高信頼のPbフリー・ダイアタッチ技術や、高周波の伝送損失を抑えられる新しい配線技術が必要とされる。この分野で、大阪大学の菅沼氏らは優れた接合技術や配線技術を開発してきた。今回のコンソーシアムでは、菅沼氏らが開発した技術の産業応用を進めるほか、信頼性の評価手法や評価基準を標準化していくことを目指す。また、極限環境における材料の劣化メカニズムを解明するとともに、新たな実装材料やパッケージング構造の設計指針を確立する。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓