• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > Mercedec-Benz「A-Class」のクロスカービーム、接着剤でアルミとPAを接合し20%軽量化

Mercedec-Benz「A-Class」のクロスカービーム、接着剤でアルミとPAを接合し20%軽量化

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/07/23 15:31
  • 1/1ページ
 ダイセル・エボニック(本社東京)は、反応性共重合ナイロンパウダ「ベスタメルト」(独Evonik社)がMercedec-Benzの量産車「A-Class」の部品(クロスカービーム)に採用されたと発表した(プレスリリース)。クロスカービームはアルミニウム合金製で、ベスタメルトを塗布した上で金型にセットし、ガラス繊維強化のポリアミド(PA6)を射出成形する。さまざまな部品を一体化できる。
【技術者塾】(5/19開催)
クルマの軽量化の切り札 CFRPを使いこなす

材料物性から成形、設計、製品事例までを徹底理解


トヨタ自動車の「レクサスLFA」のCFRP製ボディーを開発した講師が、自動車メーカーの開発の考え方や、CFRPの材料物性や成形法、クルマへの適用事例などについて解説。CFRP製品の設計や生産技術の開発に必須の知識を1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月19日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経ものづくり

おすすめ