• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > IR、5端子SOT23と小さいパッケージに封止した力率改善用制御ICを発売

IR、5端子SOT23と小さいパッケージに封止した力率改善用制御ICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/07/22 21:26
  • 1/1ページ
 米International Rectifier(IR)社は、5端子SOT23と小さいパッケージに封止した力率改善(PFC:power factor correction)用制御IC「IRS2505L」を発売した。同社によると、「業界で最も小さいPFC用制御ICである」という。臨界モード(CCM:critical conduction mode)の昇圧型DC-DCコンバータを使ったPFC回路に向ける。スイッチング素子であるパワーMOSFETは外付けで用意する必要ある。スイッチング電源(AC-DCコンバータ)や、照明用LEDドライバ回路、蛍光灯用もしくはHIDランプ用バラスト回路などに向ける。
【技術者塾】
「決定版! アナログ回路技術者に必須のオペアンプを完全理解」(2016年6月23日(木))


オペアンプを基礎から十分に理解できていなければ、アナログ回路を設計したり応用したりすることはできません。本講座では、オペアンプの役割から詳細設計、実際に使用されているオペアンプの応用までを1日でマスターします。詳細は、こちら
日時:2016年6月23日(木)10:00~17:00
会場:化学会館(東京・御茶ノ水)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ