• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > ローム、効率を約10%改善できる液晶バックライト向けLEDドライバICを発売

ローム、効率を約10%改善できる液晶バックライト向けLEDドライバICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/07/19 20:40
  • 1/1ページ
 ロームは、従来品に比べて効率を約10%改善できる液晶バックライト向けLEDドライバIC「BD9428」を開発し、2013年9月にサンプル出荷を始めると発表した。MOSFETを集積したLEDドライバICである。4本のLEDストリングを駆動できる(4チャネル出力)。同社独自の高耐圧BiC-DMOSプロセスを使用することで、耐圧を従来の60Vから80Vに高めた。さらに駆動電流についても、従来の150mA/チャネルから250mA/チャネルに増やした。このため、「発売したICで、小型から大型までの幅広い画面サイズの液晶テレビや液晶モニターに対応でき、モデル共通設計を導入できるようになる」という。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓