デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

ホンダやマツダ、CEATEC JAPANに初出展

赤坂 麻実=Tech-On!
2013/07/18 16:31
印刷用ページ

 IT・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN 2013」(公式サイト)の開催概要が発表された。2013年10月1日~5日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で、「Smart Innovation-明日の暮らしと社会を創る技術力」をテーマに開催する。また、前日には報道関係者向けの公開時間を今回新たに設ける。主催は電子情報技術産業協会(JEITA)、情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)、コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)から成るCEATEC JAPAN実施協議会。今回はホンダやマツダ、デンソーなど57社が初出展する。ホンダや、昨年が初出展だったトヨタ自動車、2006年から出展の日産自動車などが試乗・走行デモのコーナーを設ける予定だ。

 展示は、電子部品などを集めた「キーテクノロジステージ」と製品・サービスなどを集めた「ライフ&ソサエティステージ」の2つで構成する。部品ではスマートフォン/タブレット端末向け、自動車向け、エネルギー関連などの展示が増えるとみられる。製品・サービスでは4K/8Kテレビやスマートハウス、スマート家電関連の展示が盛んになる見込み。

 講演は、初日に東芝の取締役副会長である佐々木則夫氏、シャープの会長である奥田隆司氏、オービックビジネスコンサルタントの代表取締役社長である和田成史氏によるキーノート・スピーチを開催する。また「4K/8Kパネルディスカッション」や米Intel社による講演、「次世代スマートフォンOSについて(仮題)」と題してTizen OS、Firefox OS、HTML5が一堂に会するパネル・ディスカッションも予定している。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング