日経テクノロジーオンライン

日立がCadenceのFPGAプロトタイピング・システムを使い、組み込みソフト開発を効率化

2013/07/18 14:19
小島 郁太郎=Tech-On!編集
米Cadence Design Systems社は、日立製作所がCadenceのFPGAベースのプロトタイピング・システム「Rapid Prototyping Platform(RPP)」を使用して、IT製品のソフトウエア開発を効率化したと発表した。これによって、日立は、IT製品を市場投入するまでの期間を短縮できるという。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。