• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TI、待機時消費電流を100nAに低減した電源ICを発売、水道/ガス・メーターなどに向ける

TI、待機時消費電流を100nAに低減した電源ICを発売、水道/ガス・メーターなどに向ける

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/07/16 23:17
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、待機時消費電流を100nAに低減したパワー・マネジメントIC「TPS65290」を発売した。3つの電源回路と8つの電力分配スイッチを集積したパワー・マネジメントICである。待機時間の長い電子機器に搭載するマイコンへの電力供給に向ける。具体的な用途としては、水道メーターやガス・メーター、エナジー・ハーベスティング対応機器などを挙げている。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ