• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 東芝、オン抵抗を削減して発熱量を抑えた50V耐圧のステッピング・モーター用ドライバICを発売

東芝、オン抵抗を削減して発熱量を抑えた50V耐圧のステッピング・モーター用ドライバICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/07/16 23:11
  • 1/1ページ
 東芝は、オン抵抗を削減して発熱量を抑えた+50V耐圧のステッピング・モーター用ドライバIC「TB67S10xAシリーズ」を発売した。出力段のオン抵抗(ハイサイドとローサイドの和)は、耐圧が+50V と高いながらも最大で0.5Ωに削減した。さらに、モーターの特性に合わせて駆動電流を最適化する同社独自のモーター駆動技術「ADMD(Advanced Dynamic Mixed Decay)」を採用することで高効率化、すなわち発熱量の削減を図った。プリンタやオフィス機器、金融端末、紙幣識別機、遊戯機器、家電機器などに向ける。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓