• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 東芝、オン抵抗を削減して発熱量を抑えた50V耐圧のステッピング・モーター用ドライバICを発売

東芝、オン抵抗を削減して発熱量を抑えた50V耐圧のステッピング・モーター用ドライバICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/07/16 23:11
  • 1/1ページ
 東芝は、オン抵抗を削減して発熱量を抑えた+50V耐圧のステッピング・モーター用ドライバIC「TB67S10xAシリーズ」を発売した。出力段のオン抵抗(ハイサイドとローサイドの和)は、耐圧が+50V と高いながらも最大で0.5Ωに削減した。さらに、モーターの特性に合わせて駆動電流を最適化する同社独自のモーター駆動技術「ADMD(Advanced Dynamic Mixed Decay)」を採用することで高効率化、すなわち発熱量の削減を図った。プリンタやオフィス機器、金融端末、紙幣識別機、遊戯機器、家電機器などに向ける。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓