デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

“ヘルスケア・マンション”登場、ワイヤレス呼吸センサや新プラットフォーム「健康みはり」などを実装

「次世代医療機器サミット2013」プレビュー

小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
2013/07/09 11:00
印刷用ページ

 「現在、企業や研究機関でさまざまな生体センサの開発が進められている。しかし、それぞれのセンサ(開発企業)ごとにビジネスモデルを構築するのは簡単ではない。そこで我々は、こうしたセンサと自由に連携できる、いわば“オープン・プラットフォーム”の健康管理システムの開発を進めている」――。

 このように語るのは、2013年7月17日に開催する「次世代医療機器サミット2013 ~次世代センサが切り拓くヘルスケアの未来~」において、「センサで取得した生体情報の活かし方」と題して講演する予定の、奈良女子大学 社会連携センター 特任准教授 梅田智広氏である。


宮田喜一郎

 神戸新交通ポートアイランド線の市民広場駅から徒歩数分。築32年のマンション最上階の一室に入ると、建物の外観からは想像が付かない高級感が漂ってくる。そう、この部屋は、リノベーションを施したモデル・ルームである。

 リノベーションの施工を担当したシー・エル・シー 代表取締役の片岡成一朗氏は、次のように語る。「築32年でも、『ここまでできる』ということを示したかった。さらに、このモデル・ルームには、最新のヘルスケア・システムも取り入れている」。

 このヘルスケア・システムこそが、冒頭の奈良女子大学 梅田氏の発言にある“オープン・プラットフォーム”の健康管理システムだ。具体的には、奈良女子大学とライフビジネスウェザーが共同開発した「健康みはり」である。

健康と天候を連動

宮田喜一郎
健康みはりの画面例

 奈良女子大学は現在、文部科学省のイノベーションシステム整備事業 地域イノベーション戦略支援プログラムとして、けいはんな学研都市ヘルスケア開発地域が実施している研究(事業期間は平成23~27年度の5年間。事業費は、各年度約1億6000万円)に参加するなど、ヘルスケア関連技術の開発を進めている。一方、ライフビジネスウェザーは、大手お天気会社。

 この2者がタッグを組んで開発した健康みはりの大きな特徴は、健康と天候を連動させたシステムであることだ。例えば、利用者が入力したり各種のセンサで取得したりした生体情報と、その日の天候状況を踏まえ、生気象学に裏付けされた解析に基づき利用者に健康・生活のアドバイスを提示する機能を備える。「体調は、気圧など天候状況の変化に大きく左右される。天候と連動させてこそ、本当に意味のあるシステムになる」(奈良女子大学の梅田氏)。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング