デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

東レが3次元LSI向け材料に本腰、米SEMATECHの開発プログラムに参加

木村 雅秀=日経BP半導体リサーチ
2013/07/08 18:14
印刷用ページ

 東レは、TSV(Si貫通ビア)を用いた3次元LSI技術に関する米SEMATECHの開発プログラムに参加する(リリース)。参加期間は2013年7月~2014年6月の1年間を予定しているが、延長することも検討するという。

 東レは、滋賀事業場(滋賀県大津市)内の自社研究施設「PSラボ」で3次元LSI向けを含む各種実装材料の開発を進めている(関連記事)。今回はその取り組みを一歩進め、SEMATECHの「3Dインターコネクト・プログラム」への参加を決めた。

 SEMATECHのプログラムには、米Intel社や米IBM社、台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.)、韓国Samsung Electronics社などの主要半導体メーカーに加え、東京エレクトロンなどの装置メーカーも参加している。東レは同プログラムに参加することで、半導体メーカーや装置メーカーの要求に合った実用性の高い材料を早期に開発したい考えである。

 今回のプログラムで開発する材料は、(1)耐熱性仮接着材料、(2)低ストレス感光性再配線材料の二つ。いずれもTSVの低コスト化を目指した材料技術である。プログラムが終了する2014年6月までの開発完了を目指しており、2015年ころの実用化を目指す。

 (1)の耐熱性仮接着材料は、TSV形成後のデバイス・ウエハーを薄化する際に、デバイス・ウエハーをサポート・ウエハーに仮接着するための材料である。薄化したデバイス・ウエハーは、サポート・ウエハーに貼り付けた状態でスパッタやメッキなどの処理を行うため、仮接着剤には250℃以上の耐熱性が必要となる。

(東レの資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでは仮接着剤の耐熱性を高めると、剥離する際に高温の熱処理が必要となり、剥離装置のスループットが著しく低下してしまうという課題があった。今回のプログラムでは250℃以上の耐熱性を持ちながら、室温で剥離できる仮接着剤の開発を目指す。これによって、剥離処理のスループットを従来の5枚/時(300mmウエハー換算)から60~100枚/時に高められる可能性があるという。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング