設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

MSCとTSVが共同開発を促進、複雑な解析計算の実行を容易に

木崎 健太郎=日経ものづくり
2013/07/04 16:58
印刷用ページ
 エムエスシーソフトウェア(以下エムエスシー、本社東京)社長の加藤毅彦氏と、テクノスター(同)社長の立石勝氏が、2013年7月に販売を開始する「MSC Nastran Desktop for TSV」の開発の狙いなどについて明らかにした(図1)。エムエスシーの立場では「NASTRANは線形構造解析や固有モード解析にとどまらず、疲労解析や最適化など新しい機能が加わっているが、これを実際にユーザーに使ってもらうにはプリポストに対応してもらうことが必要」(加藤氏)、テクノスターの立場からは「プリポストとして世界一レベルの機能を開発したと自負しているが、ユーザーに使ってもらうには信頼性が高く、カバー範囲の広いソルバへの対応が必要」(立石氏)とした。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング