• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > ルネサスらが省電力化ルータ・アーキテクチャを開発、評価システムで最大約70%の省電力を確認

ルネサスらが省電力化ルータ・アーキテクチャを開発、評価システムで最大約70%の省電力を確認

  • 小島 郁太郎=Tech-On!編集
  • 2013/06/27 16:22
  • 1/1ページ
ルネサス エレクトロニクスは、日立情報通信エンジニアリングと大阪市立大学と共同で進めてきた、省電力化ルータ・アーキテクチャの研究成果を報道発表した。この研究は、総務省から「ネットワーキングハードウェアの徹底したスライス化に基づく省電力ルータアーキテクチャの研究開発」の委託を受けて、2010~2012年度に行ったもの。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓