• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME日経Automotive > ドイツZF社、2WD運転中にプロペラシャフトを切り離すパートタイム4WDシステム「ECOnnect」を開発

ドイツZF社、2WD運転中にプロペラシャフトを切り離すパートタイム4WDシステム「ECOnnect」を開発

  • 浜田 基彦=日経Automotive Technology
  • 2013/06/21 18:32
  • 1/1ページ
 ドイツZF社は、プロペラシャフトの前後2カ所にクラッチを置き、2輪駆動(2WD)運転のときに前後とも切り離してプロペラシャフトを止めるパートタイム4輪駆動(4WD)システム「ECOnnect」を開発した。クラッチは最終減速機のリングギアと一緒に回る横向きの軸にあり、プロペラシャフトだけでなく、最終減速機のはすば歯車も止める。英Land Rover社の「Freelander 2」に装備し、報道関係者を試乗させた。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓