• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 新日鉄住金化学、電池材料やガス吸収材料に使える新炭素材料を開発

新日鉄住金化学、電池材料やガス吸収材料に使える新炭素材料を開発

  • 赤坂 麻実=Tech-On!
  • 2013/06/21 16:22
  • 1/1ページ
 新日鉄住金化学は、分子科学研究所の西信之名誉教授との共同研究により、多孔質炭素材料「ESCARBON(エスカーボン)」を開発し、サンプルワークを開始した。アセチレン炭素(C≡C)と金属原子が結合した金属アセチリドを前駆体としたもの。ナノスケールで構造制御し、メソポーラス・カーボン・ナノ・デンドライト(MCND)と呼ぶ。
【技術者塾】(8/22開催)
市場クレーム・リコール撲滅を目指す、公差計算と公差設計の勘所

~FMEAで見つかる7割の課題を解決しよう~

日時:2016年8月22日 10:00~17:00
会場: Learning Square新橋
主催:日経ものづくり

【技術者塾】(9/1開催)
グローバル図面に必須の「幾何公差」の勘所

~世界標準を基礎から学ぶ【演習付き】~

日時:2016年9月1日 10:00~17:00
会場:Learning Square新橋
主催:日経ものづくり

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓