• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 新日鉄住金化学、電池材料やガス吸収材料に使える新炭素材料を開発

新日鉄住金化学、電池材料やガス吸収材料に使える新炭素材料を開発

  • 赤坂 麻実=Tech-On!
  • 2013/06/21 16:22
  • 1/1ページ
 新日鉄住金化学は、分子科学研究所の西信之名誉教授との共同研究により、多孔質炭素材料「ESCARBON(エスカーボン)」を開発し、サンプルワークを開始した。アセチレン炭素(C≡C)と金属原子が結合した金属アセチリドを前駆体としたもの。ナノスケールで構造制御し、メソポーラス・カーボン・ナノ・デンドライト(MCND)と呼ぶ。
【技術者塾】(5/20開催)
5割ダウンを体感する!設計/製造/調達の新コスト改革



負担は少なく、明日からでも実践できる低コスト手法を、多くの演習を交えながら企業への導入実績が豊富な設計コンサルタントが指導します。また、コストバランス法を使って、韓国の大手メーカーが徹底的にコスト分析した日本製品の弱点についても解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年5月20日
会場 : リファレンス大博多貸会議室
主催 : 日経ものづくり

おすすめ