• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > ダイキンが300億円投じ大阪にコア技術開発拠点、11月着工へ

ダイキンが300億円投じ大阪にコア技術開発拠点、11月着工へ

  • 赤坂 麻実=Tech-On!
  • 2013/06/21 16:56
  • 1/1ページ
 ダイキン工業は、淀川製作所(大阪府摂津市)内に、約300億円(建屋150億円、設備80億円、関連工事70億円)を投じ、6階建ての技術開発拠点「テクノロジー・イノベーションセンター(以下TIC)」を設立する。延べ床面積は約4万9000m2。国内3拠点(堺・滋賀・淀川製作所)の研究・開発技術者約700人を集約し、ダイキンのコア技術であるヒートポンプやインバータ、フッ素化学などの開発の効率化を図る。将来は1500人規模とする計画。現在は建物の基本設計が完了し、2013年11月に着工、2015年11月に業務開始を予定している。
【技術者塾】(5/23開催)
冷間鍛造・精密せん断・板鍛造の基礎と応用

~設計課題を解決する新しい金属加工法~


常温で金属に圧力をかけて、金型に沿った形状に加工する冷間鍛造・精密せん断・板鍛造は、材料の歩留まりが高く、高精度で高付加価値の形状を加工できます。これらの工法の基礎知識や応用例を得ることで、より低コストで高性能な部品の作製や調達が可能になります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月23日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ