• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 台湾Allion、IEEE 802.11acの認証プログラムの試験サービスを開始

台湾Allion、IEEE 802.11acの認証プログラムの試験サービスを開始

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2013/06/20 14:50
  • 1/1ページ

 機器間インタフェースの認証試験や相互接続試験などを手掛けている台湾Allion Labs社は、無線LAN規格「IEEE 802.11ac」の認証プログラムの試験サービスを始めた。無線LANの業界団体「Wi-Fi Alliance」が「Wi-Fi CERTIFIED ac認定プログラム」をリリースしたことを受けて、サービスを開始したかたちだ( Wi-Fi Allianceの発表資料)。まずは台湾で試験サービスを始める。

 この他、Allion Labs社の日本法人であるアリオンが、機器間インタフェース規格「DisplayPort」のロゴ認証プログラムにおける、シンク機器の「第三者認証試験機関(Authorized Testing Center)」の認定を、「日本で初めて」(アリオン)受けたことを明らかにした( アリオンの発表資料)。従来は、台湾本社でDisplayPortの認証プログラムの試験サービスを展開していた。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓