機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

ホンダと産総研の高所調査用ロボット、福島第一原発で稼働開始

吉田 勝=日経ものづくり
2013/06/17 17:19
印刷用ページ
 ホンダと産業技術総合研究所(以下、産総研)は、東京電力福島第一原子力発電所向けに、遠隔操作で原子炉建屋内1階高所の狭い箇所などの構造把握と現場調査を行う「高所調査用ロボット」を共同開発した。寸法は、長さ1.8×幅0.8×高さ1.8mで、質量は1.1t。アーム部は11の自由度を持ち最大到達高さは7.0mである。最高速度は2km/h、前後方向15°の斜面を上り下りできる。調査用アームの開発には「ASIMO」の技術を適用している。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング