技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

医療の海外展開を推進する「MEJ」が発足記念式典、安倍総理も駆け付け期待示す

小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
2013/06/14 06:00
印刷用ページ
MEJへの期待を示す安倍総理
MEJへの期待を示す安倍総理
[クリックすると拡大した画像が開きます]
会見するMEJ 理事長の山本氏
会見するMEJ 理事長の山本氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 官民一体で医療サービスや医療機器の海外展開を推進する組織「MEJ」(Medical Excellence JAPAN)は、2013年6月13日に東京都内で記者会見と発足記念式典を開催した。発足記念式典には安倍総理も駆け付け、成長戦略の一つと位置付ける医療産業拡大への期待を示した。

 MEJは元々、経済産業省の支援で2011年に設立された組織。当初は、海外の患者を国内に受け入れる、いわゆる「インバウンド」を促進するための組織だったが、2013年4月末に大幅に改組。医療サービスや医療機器を海外に展開する「アウトバウンド」の支援を中核に据える組織となった。

 このため“新生MEJ”には、ソニーやオリンパスメディカルシステムズ、東芝、NEC、パナソニック、日立製作所、富士通、三菱電機など多くの医療関連機器メーカーが正会員に名を連ねる。現時点での正会員は23社。

 医療サービスと医療機器を一体として国際展開を図ることを狙う。官民一体で海外の医療拠点とのネットワーク構築や情報収集、日本の医療技術の売り込みなどを実施する。海外展開を狙う国・地域としては、中国や東南アジア、中東、インドネシア、カザフスタンなどを挙げた。

 既に欧米や韓国では同様の取り組みを戦略的に進めている。これに対してMEJ 理事長の山本修三氏(日本病院会名誉会長、日本病院共済会代表取締役)は、「確かに日本は後発。しかし、日本の医療サービスや医療従事者のホスピタリティは海外で高く評価されている。それを強みに展開する国・地域に合ったパッケージを構築していく」と語った。

 現在は医療サービス・医療機器を中心に扱うが、将来的には介護サービスや介護機器・介護ロボットなどの海外展開の支援事業にも乗りだすことも明らかにした。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング