デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

“ぶつからないラジコン”が登場、シー・シー・ピーが試作品を公開

河合 基伸=日経エレクトロニクス
2013/06/13 16:46
印刷用ページ
プリクラッシュ・ブレーキ・システムを搭載したラジコン・カーの試作品
プリクラッシュ・ブレーキ・システムを搭載したラジコン・カーの試作品
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ブレーキ・アシスト・システムを搭載したラジコン・カーの試作品
ブレーキ・アシスト・システムを搭載したラジコン・カーの試作品
[クリックすると拡大した画像が開きます]
機能を説明するパネル
機能を説明するパネル
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 シー・シー・ピーは、プリクラッシュ・ブレーキ・システムやブレーキ・アシスト・システムを搭載したラジコン・カーの試作品を展示会「東京おもちゃショー2013」(一般公開は2013年6月15~16日:東京ビッグサイト)で公開した。いずれも、ラジコン・カーをうまく操作できない低年齢層のユーザーの補助が目的である。

 これまでシー・シー・ピーには、ラジコン・カーのユーザーの親から、「家具などに傷が付いて困る」という声が寄せられていた。最近になって、プリクラッシュ・ブレーキ・システムなどの安全機能が自動車で普及しているのを見て、担当者がラジコン・カーへも同機能を搭載できないかと考えたのが開発のキッカケという。

 プリクラッシュ・ブレーキ・システムは、ラジコン・カーのフロント・グリルに搭載した赤外線センサーで前方の障害物を検知して自動停止するシステムである。停止後にターンバックして、その後の操作を容易にする機能も備えている。路面の状況によってブレーキの制動距離が変わるため、どのタイミングでブレーキをかければいいかを調整中という。なお試作品では、障害物の検知精度を高めるために、赤外線センサーを二つ搭載している。

 ブレーキ・アシスト・システムは、カーブの際に自動で減速することで、ラジコン・カーの側面が壁などの障害物にぶつかるのを防ぐシステムである。カーブを走行する際に、ユーザーが減速操作をしていなくても、自動で減速するようにした。

 今回公開したのは試作品であり、現在は自動車メーカーなどの版権元の監修を受けている。いずれの機能も、2013年秋ごろの実用化を目指している。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング