デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

日立が事業別の戦略を発表、「鉄道関連で売上高6割増」など

赤坂 麻実=Tech-On!
2013/06/13 17:56
印刷用ページ

 日立製作所は、既発表の中期経営計画に関して(Tech-On!関連記事)、2015年度に主力の「情報通信システム」事業の売上高を2012年度比で約2割拡大するなど、事業別の目標と戦略を発表した(ニュースリリース)。

 情報通信システム事業は、2015年度の売上高を2兆1000億円(2012年度比18%増)、EBIT(支払金利前税引前利益)率を9.8%(2012年度は5.8%)とする計画。また、海外売上比率を2012年度の26%に対し、2015年度は35%に引き上げるとともに、サービスの売上比率を2012年度の60%から2015年度に65%超へ高めることを目指す。注力分野は、社会インフラ分野向けのスマート情報システムや、ビッグデータの利用、高信頼なクラウド、セキュリティ。2015年度の目標売上高を、社会インフラ分野は1000億円(2012年度比で約10倍)、ビッグデータ関連で1500億円(同15倍)、高信頼クラウドで5000億円(同2.5倍)、セキュリティで500億円(同1.7倍)としている。

情報通信システム事業の業績推移と予測
(資料:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 「インフラシステム」事業は、2015年度の売上高を1兆円(2012年度比27%増)、EBIT率を7%超(2012年度は4.0%)とする計画だ。海外売上比率は2012年度の21%に対し、2015年度は33%が目標。サービスの売上比率は2012年度の28%から2015年度に35%超へ引き上げるとする。成長市場である中国、インド、東南アジアなどのアジア・ベルト地帯に拠点を展開していく。たとえば、高圧インバータや大容量UPSといったパワー・エレクトロニクス製品は、日本から技術供与やコア・モジュールの供給を受けて、インドHitachi Hi-Rel Power Electronics社から中東、アフリカ、東南アジアへ現地ニーズに即した製品・ソリューションを提供する。

インフラシステム事業の業績推移と予測
(資料:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 「鉄道システム」事業は、2016年度に売上高を2400億円(2012年度比64%増)、EBIT率を8.0%(2012年度は3.6%)とする計画。海外売上比率は2012年度の26%に対し、2016年度は65%が目標。保守/車両リースなどのサービス事業の拡大や、世界標準規格に対応する信号システムの開発、SiCインバータの開発などで売り上げを伸ばす考えだ。

日立の鉄道システム事業のポジション
(資料:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 昇降機を中心とする「都市開発システム」事業は、2015年度に売上高5600億円(2012年度比14%増)、EBIT率10%超(2012年度は7.4%)を目標とする。海外売上比率は2012年度の41%に対し、2015年度は56%とする計画。全世界需要の約3/4を占めるアジア・ベルト地帯で拡販し、2015年度には昇降機市場でシェア13%を目指す。

日立の昇降機事業のポジション
(資料:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 「電力システム」事業は、2015年度に売上高5000億円(2012年度比27%増)、EBIT率11.6%(2012年度は3.3%)とする計画。なお、火力事業の業績は2013年度第4四半期以降、三菱重工業との統合会社に計上するため、2012年度実績、2015年度目標から除いている(Tech-On!関連記事)。原子力発電事業は、福島で廃炉に向けた取り組みを進める一方、安全性の向上を図り、事業を積極的に拡大していく。売上高は2020年度に3600億円(2012年度比2.25倍)を目指す。

電力システム事業のポートフォリオ
(資料:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 「オートモティブシステム」事業は、2015年度に売上高1兆円(2012年度比23.9%増)、EBIT率7.0%(2012年度は4.5%)を目指す。電子制御ユニットやハイブリッド・システムなどの電子・電動化製品の売り上げ比率を拡大することで、事業の成長を図る。電子・電動化に関する研究開発投資は2015年度に2011年度の2倍となる480億円に増やし、電子・電動化に携わるエンジニアも2011年度の500人から1000人へ増やす計画だ。

主な自動車部品メーカーの電子・電動化比率
(資料:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 家電・空調機器を扱う「日立アプライアンス」事業は、2015年度に売上高7000億円(2012年度比22.8%増)、EBIT率5%超(2012年度は2.2%)を目指す。アジア・ベルト地帯で増産体制と営業体制をともに強化し、同地域向けの売上高を2012年度の1400億円から2015年度は2100億円まで拡大する計画。また、LED照明や太陽光発電システムなどの環境分野を強化する。

アジア・ベルト地帯での事業拡大計画
(資料:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]
【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング