• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TI、Liイオンの劣化を最小限に抑えながら充電時間を30%削減できる電池管理チップセットを発売

TI、Liイオンの劣化を最小限に抑えながら充電時間を30%削減できる電池管理チップセットを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/06/11 23:20
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、Liイオン2次電池の劣化を最小限に抑えながら充電時間を約30%削減できる電池管理チップセットを発売した。同社独自の「MaxLife」と呼ぶ技術を適用することで実現した。この技術は、同社の電池残量算出手法である「Impedance Track」を元に開発したもの。2次電池の劣化状態をモデリングし、充電時にその劣化状態に陥らないように制御するわけだ。今回は、この制御アルゴリズムを充電制御ICに実装した。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓