半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

Alteraが第10世代のFPGA製品を発表、ハイエンド品はIntelの14nm世代技術で製造

木村 雅秀=日経BP半導体リサーチ
2013/06/10 21:00
印刷用ページ

第10世代FPGA「Arria 10」「Stratix 10」(Altera社の資料)
[画像のクリックで拡大表示]
Altera社 Sr. Director of Marketing, Component ProductsのPatrick Dorsey氏
[画像のクリックで拡大表示]
 米Altera社は2013年6月10日、同社にとって第10世代品に当たるFPGA製品「Stratix 10」「Arria 10」を発表した。同社はこれまで「Stratix V」のように製品名にローマ数字を使っていたが、今回の製品からは世代を表す数字の「10」を使う。

 ハイエンド品のStratix 10は米Intel社の14nm世代トライゲート・トランジスタ技術で製造する。一方、ミッドレンジ品の「Arria 10」は台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.)の20nm世代プレーナCMOS技術で製造する。

 Stratix 10、Arria 10とも通常のFPGAに加え、プロセサ・コア搭載FPGA(SoC)も提供する。特にハイエンド品でSoCを投入するのは「FPGA業界初」(Altera社 Sr. Director of Marketing, Component ProductsのPatrick Dorsey氏)とする。

Stratix 10は性能2倍

 Stratix 10では、最大動作周波数を1GHzと、28nm世代品の500MHzに比べて2倍に高めた。この性能向上は、Intelの14nm世代技術によるものと、新しい高性能アーキテクチャによるものが、それぞれ半分ずつ寄与しているとする。こうした高い性能は、主に有線通信機器で求められるという。

(Altera社の資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 同時にStratix 10では、28nm世代品に比べて性能を一定に保ったまま、消費電力を70%低減することが可能とする。これは主にIntel社の14nm世代トライゲート・トランジスタ技術によるものであり、低消費電力性が求められる無線通信機器などで重要になるという。

 Stratix 10は1チップで従来比4倍となる400万LE(logic element)の回路規模を実現できる。また、技術の詳細は明らかにしていないが、SRAMやDRAM、ASICを別チップで2.5次元/3次元集積可能としている。このほか、従来比2倍となる56Gビット/秒のトランシーバを備え、従来比10倍のDSP性能を持つ。

(Altera社の資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、Stratix 10に搭載するプロセサ・コアの詳細は明らかにしていない。同社はこれまでARMコアを利用してきたが、「14nm世代品はARMコアとは限らず、その時点で最適な選択をする」(Dorsey氏)としている。

(Altera社の資料)
[画像のクリックで拡大表示]

Arria 10は40%低電力

 一方、Arria 10はミッドレンジ品といいながらも、性能は前世代のハイエンド品であるStratix Vよりも15%高い。さらに消費電力は前世代のミッドレンジ品である「Arria V」よりも40%低い。

(Altera社の資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、Arria 10に搭載可能なプロセサ・コアは1.5GHzの「ARM Cortex-A9 MPCore」であり、これは前世代品(800MHzのARM Cortex-A9 MPCore)から性能が1.9倍に向上している。Altera社では米国オースチンの開発センターで100人以上がプロセサの開発に携わっているという。

(Altera社の資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 回路規模は従来比2倍の100万LE。メモリはDDR4に加え、15Gビット/秒の「Hybrid Memory Cube(HMC)」に対応する。28Gビット/秒のトランシーバを16チャネル備え、従来比4倍のI/Oバンド幅を実現できる。既にテスト・チップで28Gビット/秒の動作を実現済みであり、ジッタは9psだったという。

(Altera社の資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 Arria 10ではテスト・チップと設計環境が既に利用可能となっており、1000社以上の顧客が早期アクセス・プログラムに参加している。採用の立ち上がり状況は、前世代品の時に比べて金額ベースで5倍以上に達しているという。

 このほか、設計ツール「QUARTUS II」ではコンパイル速度を大幅に高める。これまでは2年ごとに2倍に高速化してきたが、20nm世代以降は1年ごとに2倍に高めるという。また、Altera社は2013年5月に小型電源モジュール・メーカーの米Enpirion社を買収することを発表したが、これは今回のFPGA製品においても、電源向けソリューションを提供するという点で重要な意味を持つという。

Intel社のプロセス技術を採用した理由とは?

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング