• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TI、触感フィードバック用途に向けた圧電素子ドライバICを発売、波形シンセサイザや波形メモリーを集積

TI、触感フィードバック用途に向けた圧電素子ドライバICを発売、波形シンセサイザや波形メモリーを集積

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/05/31 17:04
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、触感フィードバック(ハプティックス)用途に向けた圧電素子ドライバIC「DRV2667」を発売した。特徴は、集積度が高いことだ。圧電素子の駆動に不可欠な高電圧発生に向けた昇圧回路や差動アンプのほか、同社が「デジタル・フロント・エンド」と呼ぶ機能も集積した。これは、圧電素子を駆動する波形パターンを生成したり、格納したりするものだ。この機能を集積したため、波形生成用の専用ICやメモリーを外付けで用意する必要はない。スマートフォンやタブレット端末、ノート・パソコン、キーボード/マウス、家庭用ゲーム機などに向ける。
【技術者塾】(8/31開催)
車載電子機器の中身はこうなっている/b>
~自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置~


本講座では、自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置を構成する電子部品について、実際に講師が分解した機器を見ながら解説いたします。分解の結果として、どこのどのような部品が使用され、今後はどのような機能や部品が使用されるかについての講師の考察についても述べます。市場の評価が高い、スバルのアイサイトについても解説いたします。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月31日
会場 : エッサム神田ホール
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓