アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

TI、触感フィードバック用途に向けた圧電素子ドライバICを発売、波形シンセサイザや波形メモリーを集積

山下 勝己=テクニカル・ライター
2013/05/31 17:04
印刷用ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、触感フィードバック(ハプティックス)用途に向けた圧電素子ドライバIC「DRV2667」を発売した。特徴は、集積度が高いことだ。圧電素子の駆動に不可欠な高電圧発生に向けた昇圧回路や差動アンプのほか、同社が「デジタル・フロント・エンド」と呼ぶ機能も集積した。これは、圧電素子を駆動する波形パターンを生成したり、格納したりするものだ。この機能を集積したため、波形生成用の専用ICやメモリーを外付けで用意する必要はない。スマートフォンやタブレット端末、ノート・パソコン、キーボード/マウス、家庭用ゲーム機などに向ける。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング