アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

ローム、車載機器に向けた降圧型DC-DCコンバータICを発売、位相補償回路を内蔵

山下 勝己=テクニカル・ライター
2013/05/31 17:01
印刷用ページ
 ロームは、車載機器に向けた降圧型DC-DCコンバータIC「BD905xxシリーズ」を開発し、サンプル出荷を始めた。量産は2013年7月に、月産20万個規模で開始する予定だ。特徴は、動作温度範囲を-40~+105℃に拡張し、車載機器に求められるEMI対策を施した点にある。車載用半導体チップの品質規格「AEC-Q100」に準拠する。カー・オーディオ機器やカー・ナビゲーション装置などの車載機器に搭載するマイコンやDDRメモリーへの電力供給に向ける。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング