• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【Touch China】「非ITO」などに熱い視線、展示会場のオープンシアターに人垣

【Touch China】「非ITO」などに熱い視線、展示会場のオープンシアターに人垣

  • 田中 直樹=日経エレクトロニクス
  • 2013/05/30 12:44
  • 1/1ページ
 中国・深センで開催されたタッチ・パネルの専門展示会「Touch China 2013(第6回深セン国際タッチパネル技術展)」(2013年5月23~25日、深セン会展中心)の2日目、展示会場のオープンシアターで日本企業の講演が始まると、瞬く間に二重三重の人垣ができた。講演したのは、主催者の日経BP社、貼り合わせ装置メーカーのFUK、表面処理やセンサ電極などの材料を手掛けるDIC、新材料で大型のタッチ・パネルを開発したタッチパネル研究所の4社。内容は前日の技術セミナーのダイジェスト版だったが、講演が始まると、展示会を見学していた来場者はオープンシアターの前で足を止め、メモをしたり写真を撮ったりしながら真剣に耳を傾けていた。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓