ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

【Touch China】「非ITO」などに熱い視線、展示会場のオープンシアターに人垣

田中 直樹=日経エレクトロニクス
2013/05/30 12:44
印刷用ページ
 中国・深センで開催されたタッチ・パネルの専門展示会「Touch China 2013(第6回深セン国際タッチパネル技術展)」(2013年5月23~25日、深セン会展中心)の2日目、展示会場のオープンシアターで日本企業の講演が始まると、瞬く間に二重三重の人垣ができた。講演したのは、主催者の日経BP社、貼り合わせ装置メーカーのFUK、表面処理やセンサ電極などの材料を手掛けるDIC、新材料で大型のタッチ・パネルを開発したタッチパネル研究所の4社。内容は前日の技術セミナーのダイジェスト版だったが、講演が始まると、展示会を見学していた来場者はオープンシアターの前で足を止め、メモをしたり写真を撮ったりしながら真剣に耳を傾けていた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング