機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

住友ゴム、低燃費で耐摩耗性能に優れたタイヤを実現する高純度の天然ゴム「UPNR」を開発

中山 力=日経ものづくり
2013/05/27 20:41
印刷用ページ
 住友ゴム工業は2013年5月27日、不純物を大幅に削減した高純度の天然ゴム「UPNR(Ultra Pure Natural Rubber)」の開発に成功したと発表した。従来は天然ゴム粒子を覆うリン脂質やたんぱく質が含まれた状態で使われていたが、UPNRではこれらをほとんど含まない。これにより、タイヤに適用した際の発熱量低下(転がり抵抗の低減)による低燃費化や耐ゴム欠け性、耐クラック性、耐摩耗性といった耐久性の向上を期待できる。同社はUPNRを、2014年以降に発売する一部商品に採用していく計画だ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング