• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 住友ゴム、低燃費で耐摩耗性能に優れたタイヤを実現する高純度の天然ゴム「UPNR」を開発

住友ゴム、低燃費で耐摩耗性能に優れたタイヤを実現する高純度の天然ゴム「UPNR」を開発

  • 中山 力=日経ものづくり
  • 2013/05/27 20:41
  • 1/1ページ
 住友ゴム工業は2013年5月27日、不純物を大幅に削減した高純度の天然ゴム「UPNR(Ultra Pure Natural Rubber)」の開発に成功したと発表した。従来は天然ゴム粒子を覆うリン脂質やたんぱく質が含まれた状態で使われていたが、UPNRではこれらをほとんど含まない。これにより、タイヤに適用した際の発熱量低下(転がり抵抗の低減)による低燃費化や耐ゴム欠け性、耐クラック性、耐摩耗性といった耐久性の向上を期待できる。同社はUPNRを、2014年以降に発売する一部商品に採用していく計画だ。
【技術者塾】(5/18開催)
エンジンのプロが教える 自動車エンジンの基礎・最新技術・将来

~高圧縮比化や可変圧縮比化、リーンバーン、HCCI、ヒートマネージメントなどについても解説~


トヨタ自動車で長年エンジンの設計開発を手掛けた講師が、エンジン技術を基本から解説します。その上で、地球温暖化/エネルギー・セキュリティーなどの点から考慮すべき技術課題を整理。エンジンの最新技術や、将来の動力源の技術動向、棲み分けについて解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月18日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ