日経テクノロジーオンライン

シャープ、Qualcommとの提携で「今年はスマホ向けプロセサ不足の懸念なし」

2013/05/23 23:02
大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
 シャープが2013年5月23日に説明会を開催したスマートフォン/タブレット端末の2013年夏モデルは、7機種すべてで米Qualcomm社の28nm世代のアプリケーション・プロセサを採用している。動作周波数1.5GHzのデュアルコア・プロセサ「MSM8960(Snapdragon S4 Plus)」、または動作周波数1.7GHzのクアッドコア・プロセサ「APQ8064T(Snapdragon 600)」のいずれかを搭載している。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。