日経テクノロジーオンライン

川崎重工、新型ロケット「イプシロン」向けフェアリングをJAXAに出荷

2013/05/23 17:30
高田 憲一=日経ものづくり
 川崎重工業は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2013年8月22日に打ち上げを予定している新型ロケット「イプシロン」向けにフェアリングを出荷した。設計と部品製造は同社岐阜工場(岐阜県各務原市)、組み立ては播磨工場(兵庫県・播磨町)が担当し、イプシロンを打ち上げるJAXA内之浦宇宙空間観測所に納品する。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。