• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > MSYS、形状再現性を1.5倍に高めた1200万画素CCDカメラ搭載の3Dスキャナを発売

MSYS、形状再現性を1.5倍に高めた1200万画素CCDカメラ搭載の3Dスキャナを発売

  • 中山 力=日経ものづくり
  • 2013/05/23 14:36
  • 1/1ページ
 丸紅情報システムズ(MSYS)は、独GOM社製3Dスキャナ「ATOS Triple Scan」シリーズの新モデル「ATOS Triple Scan 12M」を2013年5月29日に発売する。1200万画素のCCDカメラを搭載することで、従来モデルに比べて最大50%の形状再現性を実現し、測定に要する時間も短縮した。タービンブレードの先端部や微小な凹凸が含まれる樹脂部品の測定に向く。
【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ