• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > MSYS、形状再現性を1.5倍に高めた1200万画素CCDカメラ搭載の3Dスキャナを発売

MSYS、形状再現性を1.5倍に高めた1200万画素CCDカメラ搭載の3Dスキャナを発売

  • 中山 力=日経ものづくり
  • 2013/05/23 14:36
  • 1/1ページ
 丸紅情報システムズ(MSYS)は、独GOM社製3Dスキャナ「ATOS Triple Scan」シリーズの新モデル「ATOS Triple Scan 12M」を2013年5月29日に発売する。1200万画素のCCDカメラを搭載することで、従来モデルに比べて最大50%の形状再現性を実現し、測定に要する時間も短縮した。タービンブレードの先端部や微小な凹凸が含まれる樹脂部品の測定に向く。
【技術者塾】(5/13開催)
異種材料の接着と、接着設計&接着評価の考え方

~クルマの軽量化を支える接着技術~


金属と樹脂、ゴムなど異種材料の接着技術を学びます。構造接着&構造用接着剤の技術動向、異種金属の接着、金属とプラスチックの接着、金属とゴムの接着、接着設計&接着評価の考え方について最前線を紹介します。 詳細は、こちら
日時:2016年5月13日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋
主催:日経ものづくり

おすすめ