• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > NXP、雑音指数を3.5dBに低減したSiテレビ・チューナICを発売、地上波とケーブルに対応

NXP、雑音指数を3.5dBに低減したSiテレビ・チューナICを発売、地上波とケーブルに対応

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/05/21 19:25
  • 1/1ページ
 オランダNXP Semiconductors社は、雑音指数を3.5dBに削減したSiテレビ・チューナIC「TDA18275」を発売した。地上波テレビ放送とケーブル・テレビ配信に対応する。アナログ・テレビ信号とデジタル・テレビ信号の両方を受信できる。具体的には、PALやSECAM、NTSCといったアナログ・テレビ信号や、DVB-T/T2/C/C2/HやDTMB、ATSC、ISDB-T、J.83Bといったデジタル・テレビ信号に対応可能だ。薄型テレビやセットトップ・ボックス、DVDレコーダ、パソコンなどに向ける。
【技術者塾】
「決定版! アナログ回路技術者に必須のオペアンプを完全理解」(2016年6月23日(木))


オペアンプを基礎から十分に理解できていなければ、アナログ回路を設計したり応用したりすることはできません。本講座では、オペアンプの役割から詳細設計、実際に使用されているオペアンプの応用までを1日でマスターします。詳細は、こちら
日時:2016年6月23日(木)10:00~17:00
会場:化学会館(東京・御茶ノ水)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ