• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME電子デバイス > なぜ電源メーカーに目を付けたのか、AlteraにEnpirion買収の狙いを聞く

なぜ電源メーカーに目を付けたのか、AlteraにEnpirion買収の狙いを聞く

  • 木村 雅秀=日経BP半導体リサーチ
  • 2013/05/15 18:37
  • 1/2ページ

 FPGAメーカーの米Altera社は2013年5月14日(米国時間)、小型電源モジュール・メーカーの米Enpirion社を買収することで正式合意した(リリース第1報記事)。買収金額は1億4100万米ドル。今後1~2週間以内に買収を完了する予定である。

Altera社がEnpirion社を買収へ
[画像のクリックで拡大表示]

 Altera社は今回の買収によって、FPGAユーザーが直面している電源起因のトラブルを軽減し、FPGAを利用したシステムの開発を円滑化したい考えである。近年、FPGAでは使用する電源電圧の種類が増えている。例えば、FPGAのコア電圧は微細化のレベルに応じて1.2V、1.1V、1.0V、0.9V、0.8Vなどとさまざまだ。さらに、I/O電圧や高速トランシーバ回路では別の電源電圧が必要になる。このように電源電圧が複雑化しているため、FPGAユーザーの間では電源起因のトラブルによってシステム・ボードが正常に動作しないケースが増えているという。

 Altera社は、今回買収するEnpirion社の小型電源モジュールと自社製FPGAの接続検証を事前に徹底的に行うことで、FPGAユーザーに検証済みの電源ソリューションを提案していく考えである。FPGAユーザーは、「Alteraが推奨する検証済み電源を選択することで電源起因のトラブルを減らし、本来のシステム設計に注力できる」(日本アルテラ マーケティング部 部長の堀内伸郎氏)という。なお、ユーザーはEnpirion社以外の電源ソリューションを選択することも可能とする。

電源起因のトラブルを抑制
[画像のクリックで拡大表示]

実装面積を1/4~1/6へ

おすすめ