• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > 神戸製鋼、米国で自動車用冷延ハイテンの連続焼鈍設備が稼働

神戸製鋼、米国で自動車用冷延ハイテンの連続焼鈍設備が稼働

  • 高田 憲一=日経ものづくり
  • 2013/05/14 20:44
  • 1/1ページ
 神戸製鋼所は米国で自動車用冷延高張力鋼板(ハイテン)の連続焼鈍設備を稼働させた(ニュースリリース)。同社と米United States Steel社(以下、USS社)が合弁で設立した自動車用ハイテンの製造会社である米PRO-TEC Coating社において、年産45万3500t(50万米t)の連続焼鈍設備が竣工し、2013年5月13日(現地時間)に営業運転を始めた。
【技術者塾】(5/18開催)
エンジンのプロが教える 自動車エンジンの基礎・最新技術・将来

~高圧縮比化や可変圧縮比化、リーンバーン、HCCI、ヒートマネージメントなどについても解説~


トヨタ自動車で長年エンジンの設計開発を手掛けた講師が、エンジン技術を基本から解説します。その上で、地球温暖化/エネルギー・セキュリティーなどの点から考慮すべき技術課題を整理。エンジンの最新技術や、将来の動力源の技術動向、棲み分けについて解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月18日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ