• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > 神戸製鋼、米国で自動車用冷延ハイテンの連続焼鈍設備が稼働

神戸製鋼、米国で自動車用冷延ハイテンの連続焼鈍設備が稼働

  • 高田 憲一=日経ものづくり
  • 2013/05/14 20:44
  • 1/1ページ
 神戸製鋼所は米国で自動車用冷延高張力鋼板(ハイテン)の連続焼鈍設備を稼働させた(ニュースリリース)。同社と米United States Steel社(以下、USS社)が合弁で設立した自動車用ハイテンの製造会社である米PRO-TEC Coating社において、年産45万3500t(50万米t)の連続焼鈍設備が竣工し、2013年5月13日(現地時間)に営業運転を始めた。
【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓