• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > 神戸製鋼、米国で自動車用冷延ハイテンの連続焼鈍設備が稼働

神戸製鋼、米国で自動車用冷延ハイテンの連続焼鈍設備が稼働

  • 高田 憲一=日経ものづくり
  • 2013/05/14 20:44
  • 1/1ページ
 神戸製鋼所は米国で自動車用冷延高張力鋼板(ハイテン)の連続焼鈍設備を稼働させた(ニュースリリース)。同社と米United States Steel社(以下、USS社)が合弁で設立した自動車用ハイテンの製造会社である米PRO-TEC Coating社において、年産45万3500t(50万米t)の連続焼鈍設備が竣工し、2013年5月13日(現地時間)に営業運転を始めた。
【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ