アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

Silicon Labs、長期信頼性が高い絶縁型ゲート・ドライバを発売、オプトカプラ方式の置き換えを狙う

山下 勝己=テクニカル・ライター
2013/05/10 22:07
印刷用ページ
 米Silicon Laboratories社は、長期信頼性が高い絶縁型ゲート・ドライバ「Si826x」ファミリを発売した。絶縁定格はパッケージによって異なり、8端子SOP封止品とガルウイング型の8端子DIP封止品が3.6kV、6端子SO封止品と8端子LGA封止品が5kVである。パワーMOSFETやIGBTの駆動に向ける。具体的な用途としては、高出力のモーター制御機器や産業用モーター駆動機器、太陽光発電システム向けインバータ装置、電気自動車(EV)/ハイブリッド車(HEV)向けインバータ装置、スイッチング電源、無停電電源装置(UPS)などを挙げている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング