半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

【決算】「新CEO招聘に勇気もらった」「マイコンのシェアを奪い返す」――ルネサス鶴丸社長の一問一答

大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
2013/05/09 21:15
印刷用ページ
囲み取材に応じる鶴丸氏
囲み取材に応じる鶴丸氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ルネサス エレクトロニクスは2013年5月9日、2012年度通期決算と代表取締役人事を発表した(関連記事1同2)。同日都内で開催された決算説明会では、同社代表取締役社長の鶴丸哲哉氏が登壇した。説明会とその後の囲み取材における、報道機関との質疑応答の主な内容は以下の通りである。

─2013年6月付で、会長兼CEOに現オムロン取締役会長の作田久男氏を迎え、鶴丸氏が代表取締役社長兼COOに就く人事を発表した。この人事に対する思いと、作田氏との役割分担を聞きたい。

鶴丸氏 作田氏は、経営者として非常に高い力量と経験をお持ちの方だ。私は製造畑一筋で来たが、作田氏はもっと幅広い業務を担当されてきた。同氏を迎えることに、非常に大きな勇気をもらった。役割分担についてはこれから相談したい。

─2012年度は、引き続き大きな赤字を計上した。2013年度の業績見通しと、事業再建への具体的な施策は。また、産業革新機構と事業会社8社からの計1500億円の出資はいつ実施されるのか。

鶴丸氏 2013年度の業績見通しや中期経営計画については、産業革新機構と議論をし、策定中の段階にある。これらについては、産業革新機構と事業会社8社からの出資が完了した後に、しかるべき手続きを経て発表する。出資の実施時期については回答する立場にない。

 2012年度の業績については、株主の皆様に非常に申し訳ないと感じている。事業再建に向けては、まずは2010年以降に我々がやってきたことを改めて振り返る必要がある。反省すべきところは反省し、学ぶべきところは学ばなくては。自社に目を向けるだけでは不十分であり、同業他社のベンチマークをきちんとしたうえで、次の計画を立てる。これを通じて、確実に力強くルネサスの再建を進めたい。

「汎用マイコンのシェアを失ったのは確か」

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング