お薦めトピック

ソフトバンクモバイル、今夏にヘルスケア・サービスを開始

2013/05/07 18:28
中島 募=日経エレクトロニクス
Fitbit Flexとスマートフォンの専用アプリケーション
Fitbit Flexとスマートフォンの専用アプリケーション
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ソフトバンクモバイルは2013年5月7日、毎日の生活における活動量を管理できるヘルスケア・サービス「ソフトバンク ヘルスケア」を2013年夏以降に開始すると発表した(プレスリリース)。ウエアラブル端末などで記録した歩数や消費カロリー、推定睡眠時間などのデータをクラウド上のサーバーに蓄積できる。同社のスマートフォン向けデータ通信サービスのオプション・サービスとして提供され、利用料は月額490円である。

 今回発表した新サービスでは、対応デバイスの第1弾として米Fitbit社が開発したウエアラブル端末「Fitbit Flex」が付属する。Fitbit Flexはスマートフォンと連動するリストバンド型の端末。Bluetooth 4.0の低消費電力モードであるBluetooth Low Energyを使用して、スマートフォンの専用アプリケーションとデータの同期を行う。専用アプリを起動すると自動的に同期を開始し、Fitbit Flexに記録したデータが専用アプリを通じてクラウド上のサーバーに送信される。Fitbit Flexの充電はUSB接続で行い、1回の充電で7日間の連続使用が可能とする。

 スマートフォンの専用アプリは、利用者の毎日の活動量を表示する機能の他、クラウド上に蓄積したデータに基づいて5つの指標で体の状態を分析する機能、利用者の未来の顔と体重を予測する機能、専門の医師や看護師、栄養士に24時間365日電話による無料健康相談ができる機能なども備える。対応予定のスマートフォンは「iPhone 4S」以降と「AQUOS PHONE Xx 206SH」で、今後拡充していく予定という。

 なお、Fitbit Flexの端末代金はサービス利用料に含まれているが、サービスは2年契約を前提としており、2年以内に解約した場合は7500円の契約解除料が発生する。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング