デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

【決算】村田製作所の通期は売上高が過去最高、2013年度は営業利益1000億円の予想

大森 敏行=日経エレクトロニクス
2013/04/30 20:52
印刷用ページ
アナリストの質問に答える同社 代表取締役副社長の藤田能孝氏
アナリストの質問に答える同社 代表取締役副社長の藤田能孝氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 村田製作所は2013年4月30日、2012年度(2012年4月~2013年3月)の連結決算を発表した。売上高は前年度比16.5%増の6810億円、営業利益は同30.4%増の586億円の増収増益を記録した。売上高は過去最高。スマートフォンやタブレット端末に向けてコンデンサや各種コンポーネント、通信モジュールなどが好調だった。営業利益は、円安効果による押し上げ効果で予想よりも上振れした。

 2012年度第4四半期の受注高は、スマートフォンの新モデル向けなどで増加し、四半期ベースの過去最高を記録したという。2013年度もこの好調が続き、売上高は前年度比14.5%増の7800億円、営業利益は同70.5%増の1000億円を予想している。

 製品別の売上高は、コンデンサが前年度比9.8%増の2287億円。AV機器向けや家電向けが不振だったものの、スマートフォン向けとタブレット端末向けが大きく伸びた。SAWフィルタや圧電センサ、発振子といった圧電製品は、同2.6%増の806億円。SAWフィルタは、外販が減ったものの、モジュール化の進展で社内売り上げ割合が2桁近く増加したという。

 「その他コンポーネント」の売上高は前年度比23.7%増の1389億円。EMI除去フィルタ、コイル、コネクタ、買収したフィンランドVTI社(現Murata Electronics Oy社)のMEMSセンサが好調だという。通信モジュールは同36.6%増の1829億円と大幅に伸びた。携帯プレーヤー向けが不振だったものの、スマートフォン向けやタブレット向けが大幅に増加した。ルネサス エレクトロニクスのパワー・アンプ(PA)事業買収も売上高の増加に貢献したという。PA事業はまだ赤字だが、2013年度には赤字幅が半減する見込みだとする。

 用途別では、AV向けの売上高が前年度比20.1%減の472億円と不振だった。一方、スマートフォンを含む通信向けは同24.8%増の3298億円、タブレット端末を含む「コンピュータ及び関連機器」は同23.4%増の1343億円だった。カー・エレクトロニクス向けも同19.5%増の1020億円と好調だった。車載向けのMLCC、Bluetoothモジュール、電源などが大幅に増加し、Murata Electronics Oy社の自動車向けMEMSセンサも貢献した。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング