技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

クラウド型健康管理「goo からだログ」、NFC経由で健康データを記録するアプリの提供開始

本間 康裕=デジタルヘルスOnline
2013/04/30 15:00
印刷用ページ
写真●「goo からだログ bodycloud」Android版の画面
写真●「goo からだログ bodycloud」Android版の画面
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 NTT レゾナントは2013年4月25日、同社の運営するクラウド型健康管理サービス「goo からだログ」で、NFC(Near Field Communication)規格に対応したスマートフォンアプリ「goo からだログ bodycloud」Android版の提供を開始した(写真)。既に2012年12月にiPhoneとiPad版の提供を開始しているが、今回Android版を追加した(AndroidOS 2.3.3以降に対応)。利用するには、gooからだログとgooIDへの登録が必要になる(いずれも無料)。

 NFC規格に対応した活動量計や血圧計、体組成計で測定した数値を、同規格対応端末に送信・記録する。最大2週間分の測定値を記録できる。さらに、測定値はgoo からだログに転送できるので、パソコンやタブレットでも管理・閲覧できる。

 測定データは、医療機器連携の標準化団体であるコンティニュア・ヘルス・アライアンスの規格に準拠したフォーマットを使用しており、将来は医療機関のシステムなどとのシームレスな連携が可能になる。

 対応する機器は、エー・アンド・デイ製の活動量計「UW-201NFC」、血圧計「UA-772NFC」、体組成計「UC-411NFC」で、同日販売を開始した。いずれもFeliCaを搭載しており、データ転送はNFC規格に対応している。

 NTT レゾナントが提供するネット通販サイト「NTT-X Store」で購入が可能。価格は活動量計が3980円、血圧計が7800円、体組成計が8800円。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング