日経テクノロジーオンライン

「2013年度はメモリ向け設備投資が復活する」、アドバンテスト社長の松野氏

2013/04/25 21:53
大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
 アドバンテストは2013年4月25日に開催した決算説明会において、2013年度の事業見通しを発表した。登壇した同社 代表取締役 兼 執行役員社長の松野晴夫氏は、「2013年度はメモリ(向け設備投資)の復活に期待している」と語った。同年度に、非メモリ向け事業は30億~40億円の減収となる見通しである一方、メモリ向け事業は100億~120億円の増収を見込んでいるという

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。